BLOGブログ

戸籍謄本(全部事項証明書)の英語翻訳サービスのご紹介

大阪府高槻市の司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、戸籍謄本(全部事項証明書)の英語翻訳のご依頼を承っております。海外のビザ申請の際などに、日本語で発行された戸籍謄本の英語への翻訳が必要になることがあります。最近では海外でご結婚される方の戸籍謄本を英訳しましたが、異国での

フリーランス翻訳者の法人化(会社設立)について。メリットは?

司法書士兼翻訳者の中嶋です。私は以前、フリーランス(個人事業主)の英語翻訳者として仕事をしていた時期があるのですが、現在では翻訳業は法人化して株式会社として行っております。フリーランスの翻訳者が法人化(会社設立)する最大のメリットとしては、信用度がアップして仕事を受注しやすくなること

株式会社設立の手続きの流れ。司法書士事務所に依頼した場合

司法書士の中嶋です。高槻市の司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、株式会社設立に関するご相談およびご依頼を承っております。本記事では、株式会社設立の大半を占める発起設立のケースを想定して、弊所が株式会社設立のご依頼を受けた場合の手続きの流れを簡単にご紹介します。

士業バッジはつけない?司法書士バッジでネックレスを作成してみた

司法書士の中嶋です。司法書士になると貸与される司法書士バッジですが、バッジには五三桐(ごさんのきり、ごさんぎり)が使われており、数ある士業バッジの中でも良いデザインだと思っています。サイズが小さくて目立たないのが司法書士らしいと言えばらしいですね。この司法書士バッジは

高槻市や茨木市など北摂地域において会社設立する場合の管轄法務局について

司法書士の中嶋です。会社設立の登記申請は、設立する会社の本店所在地(登記上の会社の本拠地。本社の住所が多い)を管轄する法務局で行います。会社設立および起業支援に力を入れている司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、高槻市に本店を置いて株式会社を設立するお客様からのご依頼が現

【信賞必罰】司法書士試験受験生にもおすすめしたい刑法の基本テキスト

気が付けば今年も司法書士試験の直前期ですね。私が合格したのは2017年なのでもう6年近くも前になるのですが、未だに試験3ヶ月前を切ったこの時期になると、受験生時代を思い出して何とも言えない厳かな気持ちになります。私は現在では司法試験予備試験の勉強に取り組んでいるのですが、何冊か刑法の

「Co., Ltd.」は有限責任なので司法書士法人の英語表記には不適切だという話

司法書士の中嶋です。近年、社員1人で司法書士法人が設立できるようになったこともあり、司法書士法人の数も増えてきているように思います。私も株式会社を経営していて法人経営には興味がありますので、いつか司法書士法人を設立してみたいと考えています。さて、本記事では司法書士法人の英語表

【代表取締役のみ辞任】株主総会で代表取締役を選定する取締役会非設置会社の場合

司法書士の中嶋です。先日、代表取締役のみ辞任の登記を行ったのですが、少し戸惑ったので以下に自分の備忘録も兼ねて記録を残しておきたいと思います。前提として、本記事は株主総会で代表取締役を選定する取締役会非設置会社を対象としています。事例は、取締役会非設置会社において、取締役兼代

副業としての司法書士の魅力。兼業は可能か否か

司法書士の中嶋です。私は司法書士登録をしてからすぐに独立開業をしたのですが(いわゆる即独)、それまでは翻訳業をメインとする会社の代表をしており、現在では翻訳会社と司法書士事務所の経営を兼業で行っています。本記事では、司法書士の副業(兼業)の可否や、副業としての司法書士の魅力について書

TOP