BLOGブログ

結婚証明書・婚姻届受理証明書の英語翻訳(英訳)について

司法書士兼翻訳者の中嶋です。日本では結婚証明書(または婚姻証明書)という名前の証明書はなく、婚姻届受理証明書や戸籍謄本(全部事項証明書)で結婚した事実を証明することになります。婚姻届受理証明書とは、その名の通り婚姻届を受理したことを証明する書類で、婚姻届を提出した市区町村の役所で取得

【大阪府】株式会社および合同会社の設立の対応地域。初回無料相談実施中

大阪府高槻市の司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、株式会社および合同会社の設立に関するご相談およびご依頼を承っております。会社登記を得意分野とする弊所では、これまでに数多くの株式会社および合同会社の設立に携わってきました。これらの会社はその本店の所在地において設

司法書士の即独について考える

司法書士の中嶋です。私は司法書士試験に合格した後、ブランクを経て新人研修および司法書士事務所での約1ヶ月間の配属研修を受けた後、他の事務所で勤務することなく即独立開業(いわゆる「即独」)しました。即独してから現在は3年目なのですが、個人的には、即独するのに重要なのは司法書士業務の実務

戸籍謄本の英訳(英語翻訳)はどこに依頼すべきか

司法書士兼翻訳者の中嶋です。ワーホリや留学などの際、海外のビザ申請において必要となる戸籍謄本の英訳(英語翻訳)をどこに依頼すべきか迷われている方もおられるかと思います。戸籍謄本の英訳の依頼先としては、以下のような選択肢が考えられます。 翻訳会社 翻訳者 法律事務

司法書士事務所のインテリアに絵画をオススメしたい

司法書士の中嶋です。司法書士事務所を独立開業される際にインテリアに悩まれる方も多いかと思います。私は事務所を借りて開業する際、家具は大塚家具でまとめてローンで購入し、PCや電化製品は主にネットで購入しました。しかし、家具や電化製品ばかりだと味気ないので、壁に西洋絵画(

【渉外登記】司法書士向けメールの英語翻訳サービスのご紹介

司法書士兼翻訳者の中嶋です。私の事務所では通常の司法書士業務に加えて英語翻訳業務を行なっておりますが、同業者向けのサービスとして司法書士事務所(または司法書士法人)のお客様を対象にしたメールの英語翻訳(和訳・英訳)サービスを提供しております。相続人に外国人の方がおられる場合や

【見兎放犬】40代で司法書士を目指すことの是非

「40歳を過ぎて司法書士試験に合格しても仕事はあるのだろうか」学ぶのに年齢は関係ないとは言いますが、司法書士試験合格後の就職やキャリアにおいては年齢が関係してくるでしょうから、このように悩まれる方もいるかもしれません。結論から言いますと、「40歳ではまだまだ若い」というのが私見です。

アメリカ(米国)の年金保険の死亡給付金に関する翻訳および申請サポートについて

司法書士の中嶋です。以前、お客様からのご依頼でアメリカ(米国)の年金保険の死亡給付金の申請をサポートすることになりました。本案件では、アメリカ在住の女性が亡くなられ、保険金の受取人として指定されていた日本在住の2名の親族宛にある日突然、Nationwideというアメリカの生命保険会社

TOP