BLOGブログ

司法書士事務所を独立開業する際のロゴ作成について考える

司法書士の中嶋です。司法書士事務所を独立開業する際、ロゴ(ロゴマーク)を作成しようかどうか迷われる方も多いのではないかと思います。しかし、どうも司法書士の方はマーケティングにあまり関心がない方が多いようで、周りの独立開業している司法書士の方を見回しても、ウェブサイトを開設している方は

司法書士事務所を独立開業する際の名称について考える

司法書士の中嶋です。司法書士事務所を独立開業するにあたって事務所の名称をどのようにするかは頭を悩ます問題の1つかと思いますが、本記事では司法書士事務所の名称について考えてみたいと思います。司法書士事務所の名称で多いのが代表者の氏(名字)または氏名を使用しているケースで、以下の3パター

司法書士事務所を独立開業する際のホームページの必要性。WordPressでの自作がおすすめ

司法書士の中嶋です。私は司法書士事務所を独立開業する際、何よりもまずウェブサイト(ホームページ)の作成を優先しました。自分で事業を営むのであれば、営業ツールとして今の時代ウェブサイトは必須だと感じます。これは自分が顧客になった場合をイメージしていただければ分かりやすいかと思い

【大阪司法書士会】司法書士になるまでにかかった登録および研修費用まとめ

司法書士試験に合格した後、司法書士として仕事を始めるには研修を受講して司法書士登録をする必要があります。私は大阪司法書士会で司法書士登録をしたわけですが、司法書士になるまでにかかった登録および研修費用を以下に簡単にまとめたいと思います。なお、司法書士会によってかかる費用は異なること、

【定款認証手数料の改定】2022年1月1日から株式会社の設立手数料がお得に

会社を設立する際には会社の根本規則である定款(ていかん)を作成して公証人の認証を受ける必要があるのですが、この認証の手数料はこれまで一律5万円でした。しかし、2022年(令和4年)1月1日から、株式会社(または特定目的会社)の定款認証手数料は以下のように改められることになりました。

【アナログ】司法書士事務所を独立開業する際にはインターネットFAXがオススメ

私は勤務司法書士を経ることなく独立開業したのですが、司法書士として仕事を始めてから一番驚いたのがFAX(ファックス)の利用頻度です。所属している司法書士会や支部からは結構な頻度で業務連絡のFAXが送られてきます。業務連絡の方法は所属する司法書士会によって異なるかもしれませんが、いずれ

株式会社の取締役の任期について。最低でも10年に1度は役員変更登記が必要

司法書士の私は翻訳会社(株式会社)の代表取締役でもあるのですが、最近、経営しているこの会社が設立から10年が経過したこともあり、役員変更登記を申請しました。役員変更登記と言っても役員が交代する訳ではなく正確には重任登記となるのですが、株式会社は最低でも10年に1度は役員変更登記を申請する必要

司法書士事務所を独立開業する際の家具(備品)について。大塚家具がオススメな理由

司法書士として独立開業する際に新たに事務所を借りると、当然のことながら事務所に設置する家具も必要になってきます。主な家具としましては、作業用のデスクにチェア、来客用の応接間としてソファにテーブル、そして本棚などがあります。私は自宅とは別に駅前に事務所を借りたので備え置く家具も一から揃

司法書士が独立開業する際の事務所の賃貸について。場所や広さや家賃など

私は司法書士試験に合格後、他の事務所で勤務することなくいわゆる即独(即独立)したのですが、独立開業するにあたって地元の駅前に事務所を借りることにしました。私が事務所を探していた際に目安としていた主な条件は以下の通りです。 場所:駅から徒歩10分以内 広さ:30㎡以上 家

A4サイズの司法書士登録証を飾るのにおすすめしたいアクリルフレームの額縁

司法書士登録が完了してから約1ヶ月半が経過した先日、ようやく司法書士登録証をいただいたのですが、せっかくなので事務所に飾ることにしました。司法書士登録証はA4サイズで司法書士試験の合格証書と同じなのですが、合格証書と比べるとそれなりに立派で、いかにも賞状という感じがします。今回、司法

TOP