雑記

戸籍謄本(全部事項証明書)の英語翻訳サービスのご紹介

大阪府高槻市の司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、戸籍謄本(全部事項証明書)の英語翻訳のご依頼を承っております。

海外のビザ申請の際などに、日本語で発行された戸籍謄本の英語への翻訳が必要になることがあります。

最近では海外でご結婚される方の戸籍謄本を英訳しましたが、異国での結婚というのもロマンがあって良いですね。

弊所の代表は英語翻訳者としての実務経験が10年以上あり、戸籍謄本の翻訳実績も多数あります。

また、司法書士として普段から戸籍謄本に触れる機会も多く、戸籍謄本の取り扱いに精通した法律および英語の専門家として安心してご依頼いただけます。

戸籍謄本の翻訳のご依頼は通常1~2枚程度になることが多く、翻訳料金は1枚5,000円~(文字数により異なります)で承っておりますが、枚数が多い場合や継続的なご依頼の場合は割引して安くお引き受けすることが可能です。

個人のお客様からのご依頼はもちろん、企業や各種士業事務所(弁護士事務所、司法書士事務所、行政書士事務所など)からのご依頼も歓迎いたします。

戸籍謄本の翻訳文には、必要に応じて翻訳証明書(英語または日本語)を無料でお付けいたします

また、公証役場での公証などが必要なお客様はご相談ください(公証には別途費用がかかります)。

お見積りは無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください。

※国や提出先機関によって翻訳証明書および公証の必要性や形式は異なるかと思いますが、これらに関しては原則としてお客様の方でご確認いただいております。

※司法書士には法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご依頼ください。

関連記事

新着記事
おすすめ記事
  1. オーストラリアのビザ申請に必要な戸籍謄本の英語翻訳(英訳)について。NAATIは必要か

  2. アメリカ(米国)の年金保険の死亡給付金に関する翻訳および申請サポートについて

  3. 戸籍謄本の英訳(英語翻訳)は自分でできるのか

  4. 戸籍謄本の英語翻訳文(英訳文)に添付する英文の翻訳証明書について

  5. 登記申請に必要となる宣誓供述書の英語翻訳(英訳・和訳)サービスについて

  1. 【一切皆空】司法書士試験直前期における不安の解消方法について

  2. 「司法書士」の正しい英語表記は「Judicial Scrivener」?

  3. 【多岐亡羊】司法書士試験の科目別難易度ランキング(配点・問題数など)

  4. 【独立独歩】司法書士試験は『オートマシステム』を使って独学で合格できるのか?

  5. 【一筆入魂】司法書士試験の記述式で使用するおすすめのボールペン

TOP