司法書士業務

【定款認証手数料の改定】2022年1月1日から株式会社の設立手数料がお得に

会社を設立する際には会社の根本規則である定款(ていかん)を作成して公証人の認証を受ける必要があるのですが、この認証の手数料はこれまで一律5万円でした。

しかし、2022年(令和4年)1月1日から、株式会社(または特定目的会社)の定款認証手数料は以下のように改められることになりました。

資本金の額等が100万円未満の場合30,000円
資本金の額等が100万円以上300万円未満の場合40,000円
その他の場合50,000円

簡単に言うと、資本金の額が300万円未満の場合は以前より1~2万円安く設立することができるようになります。

株式会社は資本金の額が1円からでも設立できますが、1人あるいは少人数で株式会社を設立される際の資本金の額は300万円未満になるケースも多いでしょうから、小さな会社の設立を考えておられる方にとっては良い改定ですね。

ただ、個人的には300万円「未満」ではなく300万円「以下」の方が良かったように思います。

300万円「未満」だと300万円は含まれず、かつての有限会社の最低資本金額でもある300万円を資本金の額にしている会社も多いですからね。

この改定によって、今後は資本金の額がきりの良い300万円ではなく299万円なんて会社も増えるかもしれませんね(笑)。

弊所では会社設立に関する相談を随時受け付けておりますので、会社設立を考えておられる方は是非一度お気軽にご相談ください。

関連記事

新着記事
おすすめ記事
  1. 司法書士事務所のインテリアに絵画をオススメしたい

  2. 【渉外登記】司法書士向けメールの英語翻訳サービスのご紹介

  3. 除籍謄本および改製原戸籍謄本の英語翻訳(英訳)サービスのご紹介

  4. 【見兎放犬】40代で司法書士を目指すことの是非

  5. オーストラリアのビザ申請に必要な戸籍謄本の英語翻訳(英訳)について。NAATIは必要か

  1. 【一切皆空】司法書士試験直前期における不安の解消方法について

  2. 「司法書士」の正しい英語表記は「Judicial Scrivener」?

  3. 【多岐亡羊】司法書士試験の科目別難易度ランキング(配点・問題数など)

  4. 【独立独歩】司法書士試験は『オートマシステム』を使って独学で合格できるのか?

  5. 【一筆入魂】司法書士試験の記述式で使用するおすすめのボールペン

TOP