雑記

登記申請に必要となる宣誓供述書の英語翻訳(英訳・和訳)サービスについて

司法書士兼翻訳者の中嶋です。

先日、同業者の方から宣誓供述書の英訳のご依頼をいただきました(宣誓供述書は英語で「Affidavit」と言います)。

本案件は、日本人である被相続人の相続手続きにおいて、相続人の1人がアメリカ国籍だったため、在日米国領事館で宣誓供述書の認証を受けるにあたって宣誓供述書の英訳が必要になったものです。

在日外国人の増加もあり登記申請に外国人が絡む案件も今後ますます増えてくることが予想されますが、本案件のように、不動産の登記申請に宣誓供述書の添付が必要になるケースもあります。

本案件では、法律事務所での勤務経験もある英語ネイティブ翻訳者と協力して宣誓供述書の英訳版を作成しました。

司法書士中嶋国際法務事務所(以下、「弊所」)では、宣誓供述書を含めた各種法務文書の英語翻訳(英訳・和訳)のご依頼を承っております。

法務文書の英語翻訳には英語だけではなく法律の専門知識が欠かせませんが、弊所では、司法書士兼翻訳者である代表が、必要に応じて英語ネイティブ翻訳者と協力しながら、各種法務文書の正確で高品質な英語翻訳を提供しております。

同業の司法書士事務所や他士業(弁護士事務所や行政書士事務所など)からのご依頼だけではなく、個人のお客様からのご依頼も歓迎いたします。

弊所は大阪府高槻市にありますが、翻訳業務は大阪府近郊に限らず全国対応を行なっており、また翻訳会社も有しておりますので法人取引も可能です。

もちろん、英語翻訳だけではなく、司法書士として宣誓供述書の作成にも対応しております。

必要なお客様には、翻訳証明書の発行や公証役場での公証などにも対応いたします。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着記事
おすすめ記事
  1. 結婚証明書・婚姻届受理証明書の英語翻訳(英訳)について

  2. 【大阪府】株式会社および合同会社の設立の対応地域。初回無料相談実施中

  3. 司法書士の即独について考える

  4. 戸籍謄本の英訳(英語翻訳)はどこに依頼すべきか

  5. 司法書士事務所のインテリアに絵画をオススメしたい

  1. 【一切皆空】司法書士試験直前期における不安の解消方法について

  2. 「司法書士」の正しい英語表記は「Judicial Scrivener」?

  3. 【多岐亡羊】司法書士試験の科目別難易度ランキング(配点・問題数など)

  4. 【独立独歩】司法書士試験は『オートマシステム』を使って独学で合格できるのか?

  5. 【一筆入魂】司法書士試験の記述式で使用するおすすめのボールペン

TOP